【お知らせ】パネルディスカッション『地⽅議会議員から⾒た「選挙」と「若者の政治参画」』開催のお知らせ

お知らせ

本記事は SFC CLIPに転載いただきました。

パネルディスカッション『地⽅議会議員から⾒た「選挙」と「若者の政治参画」』開催のお知らせ | SFC CLIP

筆者が所属する慶應義塾大学総合政策学部・松井孝治研究会での研究会活動の一貫として、『地⽅議会議員から⾒た「選挙」と「若者の政治参画」』と題したパネルディスカッションを開催致します。

18歳選挙権実現から間も無く5年

2015年に公職選挙法が改正され、選挙権年齢が従前の20歳から18歳へと引き下げられました。それから、3度の国政選挙、今年4月の統一地方選挙などをはじめとする多くの選挙が施行されてきましたが、若年層の投票率は全体として低い水準にあります。シルバーデモクラシーという用語も一般的になりつつありますが、本来であれば、世代間で争うかの様な言説は必ずしも好ましくありません。しかしながら、全ての世代が積極的に政治に参画することは、私たちの社会の基盤を維持発展させる為にも不可欠であることは言うまでもありません。

今改めて、若者の政治参画の在り方について、あるいは選挙の在り方について、現職の地方議会議員を招き、議論を深めていきたいと考えています。政治にご関心をお持ちの方も、そうでない方も、ご参加いただけますと幸いです。会の終了後には、登壇者との交流会も開催致します。こちらへのご参加もご検討ください。

会の概要

  • 日時:2019年11月4日(月) 13:00-14:30 (3限)
  • 会場:慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス i17教室 (変更可能性あり)
  • 実施言語:日本語
  • 費用:無料/申込フォームの記入推奨
松井孝治研究会公開講座『地方議会議員から見た「選挙」と「若者の政治参画」』参加フォーム
この度は2019年11月4日に開催予定の『地方議会議員から見た「選挙」と「若者の政治参画」』へお申し込みを頂きましてありがとうございます。会場等の関係で、事前にフォームを記入いただけますと幸いです。松井孝治研究会(統治機構論)に所属される方は、フォームへの記入は不要です。(文責:栗本) 企画概要 ・日時:2019年1...

登壇者

コメント

タイトルとURLをコピーしました