【お知らせ】ユースカンファレンス2019に登壇します

お知らせ

日本若者協議会が開催する「ユースカンファレンス2019」で行われるパネルディスカッションにファシリテーターとして登壇致します。日本若者協議会は、「若者の声を政策に反映させる」ことを目指し、政策提言など様々な活動を行う、若者団体や若者個人のアンブレラ(傘)の役割を担う組織です。

【開催概要】

■イベント名:全世代で考える、これからの教育と社会~ユース・カンファレンス2019~

■日程:2019年9月21日(土)10時〜20時30分(開場9時30分)

■開催場所:国立オリンピック記念青少年総合センター大ホール東京都渋谷区代々木神園町3−1https://nyc.niye.go.jp/category/access/小田急線 参宮橋駅下車 徒歩約7分地下鉄千代田線 代々木公園駅下車(代々木公園方面4番出口) 徒歩約10分

■参加費:会員ー高校生無料、大学生1,500円、若手社会人2,000円(学生の方はチケット購入の際にフォームから無料で会員登録できます)非会員ー高校生1,000円、大学生3,000円、若手社会人4,000円、40代以上社会人5,000円*ペアで購入すると割引になります。*当日、運営を手伝って頂く学生ボランティアを20名募集します。ボランティア希望の方は、「当日ボランティア」のチケットをご購入ください(無料)。

■募集人数:400名程度

日本若者協議会ホームページ(https://youthconference.jp/)

筆者(栗本)がファシリテーターを担当するパネルディスカッションは、「学校校則のあるべき姿を問う~決められた校則ではなく学生が自ら作る校則へ~」をテーマとし、高校生や現役学校長などを招きながら、学校内民主主義の在り方について検討をしていきたいと考えています。

18:20〜19:35 セッション6「学校校則のあるべき姿を問う~決められた校則ではなく学生が自ら作る校則へ~」

登壇者:

・西郷 孝彦(世田谷区立桜丘中学校校長)

・村竹 大翔(学生団体「集まれ文実!」代表、暁星高校生徒会長3年)

・遠藤 貴也(神奈川県高校生徒会会議代表、関東学院六浦高校2年)ほか調整中

ファシリテーター:栗本 拓幸(慶應義塾大学総合政策学部、NPO法人Rights理事)

これまでも、生徒会活動や特別活動などの面から、学校内で如何に民主主義を実現するか、試行錯誤して参りましたが、今後の取り組みを加速させる機会にすることが出来ればと考えています。

ご関心をお持ちの方は、以下のリンクからお申込み下さいませ。

https://youthconference2019.peatix.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました