旧民主党と同じ轍?:国民民主党と野党共闘に関する雑感

国民民主党が、立憲民主党、自由党、社民党、共産党と共に、「平和安全法制整備法廃止法案」他を参議院に共 …

コメントなし

争点を考える:横浜市会選

今週末の4月7日は統一地方選挙の前半戦(知事選・政令市長選・都道府県議選・政令市議選)の投票日である …

コメントなし

憲法は国家権力抑制の要:9条論憲の再活性化を望む

本ブログでも再三にわたって「憲法改正」を取り上げているが、過去の投稿を参照して頂ければ分かるように、 …

コメントなし

気品ある「保守」と論理的な「革新」、「オルタナティブ」はどうしようか。

保守:旧来の風習・伝統・考え方などを重んじて守っていこうとすること。また、その立場。(デジタル大辞泉 …

コメントなし

今上天皇のご譲位に関する現政権の対応を憂う

天皇の退位等に関する皇室典範特例法に基づいた今上天皇のご譲位と皇太子殿下の新帝ご即位が間近に迫りつつ …

コメントなし

インターネット選挙運動の沿革5:現状評価と今後への期待

SNSを用いた政治活動・選挙運動:リッチコンテンツ化する広報 2012年から2013年にかけてスマー …

コメントなし

インターネット選挙運動の沿革4:民間の後押しを受け進んだ緩和

そして、2012年12月の衆議院総選挙[1]によって、民主党が下野し、自民党が政権に返り咲いた事で事 …

コメントなし

インターネット選挙運動の沿革3:規制緩和に向けた流れ

その後、eビジネス推進連合会によってインターネット選挙運動解禁に賛同する企業・個人事業主リストが民主 …

コメントなし

インターネット選挙運動の沿革2:広がる利用と変わらない規制

インターネット選挙運動解禁の走り:2005年衆院総選挙に至るまで 2002年になると総務省(自治行政 …

コメントなし

インターネット選挙運動の沿革1:インターネットを利用した政治活動の始まり

・はじめに 2015年に公職選挙法が改正され、選挙権年齢が20歳から18歳へと引き下げられた。同時に …

コメントなし

「若者の政治参加」に関して寄稿

中野区で政治活動を展開している立石りおさんの公式サイトに「若者の政治参加」に関して寄稿致しました。以 …

コメントなし

【生徒会.jp】生徒会会則を見直そう、回顧録を兼ねて

この記事は、生徒会.jpに2019年2月15日に投稿した同タイトルのコラムを転載したものです。 先日 …

コメントなし

新城市の「若者議会」に関する考察

新城市の「若者議会」に関する考察 スウェーデンにおける若者の政策決定過程参画事例と比較して 1.はじ …

1件のコメント

18歳成人-改正民法成立:国民的議論の喚起を

18歳成人に関する国民的議論 6月13日、参議院本会議で改正民法案が可決・成立した。この法案の主なポ …

コメントなし

若者議連:実効性のある施策の為に「若者政策」の定義を

私自身もこれまで様々な場所で「若者政策の推進」を主張してきた。しかしその一方で、若者政策に関する「明 …

コメントなし

若者政策推進議連の発足を受けて

若者政策推進議員連盟とは つい先日、この様なニュースが飛び込んできた。 記事の中でも述べられている様 …

コメントなし

自民党に変わるオルタナティブな政党は出て来ないのか

自民党に変わるオルタナティブな政党は出て来ないのか:民主党による政権交代は悪夢だったが、それでも「政 …

コメントなし

【生徒会.jp】生徒会団体の地域化と高校会議所から考える、若者と社会の関わり方

この記事は、生徒会.jpに5月8日に投稿した同タイトルのコラムを転載したものです。  生徒会役員が, …

1件のコメント

改めて憲法9条の在り方を考える:憲法は聖書なのか

5月3日に我が国は憲法記念日を迎えた。71年前の5月3日に日本国憲法が施行されて以降、「法の支配」と …

コメントなし

憲法9条問題の原点とは

森友学園を巡る公文書管理問題や、イラクへの自衛隊派遣を巡る日報隠蔽問題で安倍政権が揺れている。文書主 …

コメントなし

政治的中立性に関する雑考

日本における主権者教育は、「政治的中立性の在り方」という問題も抱えている。例えば、第二次世界大戦の敗 …

コメントなし

【生徒会.jp】若者代表として社会に寄与するLSU:スウェーデンから私たちは何を学ぶことができるか 第2回  

この記事は、生徒会.jpに2018年2月22日に投稿した同タイトルのコラムを転載したものです。 2月 …

コメントなし

【生徒会.jp】スウェーデンの市民性は生徒会によって育まれる:スウェーデンから私たちは何を学ぶことができるか 第1回

この記事は、生徒会.jpに2018年2月17日に投稿した同タイトルのコラムを転載したものです。 20 …

コメントなし